ペットにも起こりえること

ペットの犬が子犬のころから病気がちだけれども・・・

ãã°æ¹ããã¬ã³ãã»ãã«ããã°ã®ã¢ã¤ã³ã³ç´ æ

 

こんにちは、モモ絵です。

 

皆さんはぺットを飼っていらっしゃいますか?

最近はペットを飼っていらっしゃる方がたくさんいますが、ペットが病気になったこと

ありますか?

私の彼(Hさん)が買っているペットがまさしくその病気がちなのです。

私が直接飼っているわけではないのですが、休みの日や連休があるときは家に連れて

きます。保育園のような感じです。(^_^;) 一応はなついてくれているので私にも

気がかりなことなのです。

  • 犬種・・・マルチーズ(♀)
  • 年齢・・・10歳
  • 名前・・・モモ         

f:id:momoesan:20181008165719g:plain

 

最初は風邪

子犬の頃から病気がちで最初は風邪をひいていました。犬もコンコン咳がでるのですね。

家に来る前にペットショップでうつされてしまったようです。

ペットショップではペットを家族に向かいいれてから1ヶ月以内に病気になった場合は

指定の動物病院に連れて行くと診察は無料で診てくれると聞いていたので、

家からは少し遠い病院でしたが連れて行きました。

獣医さんには子犬の頃にかかる風邪だと言われました。

 

pepy.jp

 

ゲージにダンボールで囲いをして猫用の缶詰のエサをすすめられ、1週間ほどで

よくなりました。

子犬なのでとても心配になりました。

 

おしっこに血がっ!

2~3歳のころには結石になってしまいました。

おしっこに血が混じっていたので予防接種でもお世話になっている動物病院に連れて

行くと「今、おしっこしますかね~?」と言われ外に連れて行きましたが、

やはり出ません。一応薬をもらい「おしっこを取って持ってきてください。」と言われ

たので、おしっこを持って再度病院に行きました。

おしっこを顕微鏡でみてみるとキラキラした結晶のようなものがたくさんあり

「これが石なんですよ」と私たちにも見せてくれました。

(犬の場合はカルシウム塩が結晶となる)

薬だけかと思いきや石があるときにはエサも結石用の缶詰のエサを処方されました。

嫌がって食べない子もいるようで心配しましたが、いつもとは違うエサのせいか喜んで

食べていました。(~_~;)

 

体の震え・こわばり

6歳になる1~2ヶ月ぐらい前から急に小刻みに震えだし、体が強張った感じで動けなく

なりました。

私たちも何がどうしたのか不安になりました。モモも「助けて」といわんばかりのまな

ざしで私たちを見上げていました。モモを抱きかかえて背中をさすりながら「大丈夫」

と声をかける事しかできませんでした。しばらくすると治まり普通に戻るのです。

毎日出るのではなくたまに出るくらいだったのですが、1日に2回とか間隔が短く出るよ

うになったので病院に連れて行きました。

病院では「てんかんの一種」との回答でした。

薬を飲ませていると症状は出ないので、やはり「てんかんの発作」だったのかもしれません。

 

www.youtube.com

引用

 

 

心臓・皮膚病

8歳ごろから心臓も弱ってきているので薬を飲むことになりました。

マルチーズは比較的、心臓が弱い犬種だそうです。今は特に症状は出ていませんが、

私たちが旅行に行く ”草津” のような標高の高いところには連れて行けません。

そしていつの日からか前足をよくなめるようになりました。「なめたらダメっ!」と

言い聞かせていても見ていないところではペロペロ

よくみると赤く腫れ上がってきていました。

前足だけではおさまらず、耳・口(下唇?)・後足にも広まってきたようで口に関しては

後足でひっかくので気づくと血が出てきてしまいます。後足はたまにかゆくなる程度の

ようです。

飲薬と塗薬を処方してもらっています。

 

前足

f:id:momoesan:20181014123140j:plain

 

後足

f:id:momoesan:20181014123232j:plain

腫れの違いがわかりずらいですが・・・

 

 

毎日飲んでいる薬

f:id:momoesan:20181014122942j:plain

 

塗薬はかゆみがひどいときに使います。

 

現在の状況

今年に入って脂肪のかたまりようなものが腹部・足の付け根・尻尾の付け根・背中に

できていて(触るとプニュプニュする感じ)尻尾の付け根はピンポン玉ぐらいの大きさに

なり病院で取ったほうがということだったので手術しました。

特には問題がないようなので他の箇所は現状維持といったところです。

目は白内障ではないかとの診断を受けましたが専門病院で診てもらい白内障ではないと

のことでした。

腰の状態もあまりよくはないようで「ジャンプはさせないようにしてください」と

いわれたそうです。

 

そんなこんなですが食欲もありよく遊び元気には暮らしています。

今も10歳なのでおばあちゃんですが、これから先には老いが目立ってくる思いますが、

縁があって家族の一員になったのですから1日も長く楽しく過ごさせてあげたいと思います。

ペットの病気ばかり書いてきましたが、これから何かしらの生き物を家族の一員として

向かいいれようと思っている方がいらしたら、必ずしも病気になるとも限りませんので

ぜひ家族として楽しくすごしてください。

そして、たくさんの愛情をそそいでください。彼らもきっと答えてくれます。

 

f:id:momoesan:20181014151521j:plain

 

 

 

愛犬の皮膚のために『ミネラルスパシャンプー』